住宅ローンについてしっかり理解してから注文住宅を建てよう

住宅ローンを借りるために必要なこと

注文住宅を建てる場合に、多くの人は住宅ローンを利用するはずですが、だからといって誰でも簡単にお金を借りられると思うのは早計です。金融機関の住宅ローンを利用するためには、厳格な審査に通過する必要があるからです。審査においてチェックされるポイントは必ずしも明確ではありませんが、借りたお金を返済しきれるだけの十分な資力が備わっているかについては間違いなく確認されるでしょう。そのため、年収の10倍以上ものお金を借りようと思っても審査の段階で落とされてしまう可能性が高いのです。なお、審査を受ける際には、どれくらいの収入があるかを確認するために、源泉徴収票や納税証明書などの提出を求められますので、住宅ローンの利用を検討している方は事前に用意しておくといざ要求されたときに慌てずに済みます。

固定金利か変動金利か

次に、住宅ローンを利用する際に、多くの人が頭を悩ませがちなのが、固定金利にするか変動金利にするかという点です。変動金利の方が借り入れ時点での金利は低いのですが、将来的に金利が上昇すると、結果的に固定金利よりも高い金利負担になる可能性があります。そのため、自分なりに将来の見通しを立てて、金利が上がると思うのであれば固定金利、横ばいか上がっても微増にとどまると考えているのであれば変動金利を選ぶようにするとよいでしょう。なお、金融機関によっては、固定と変動を組み合わせたミックスローンも用意されていますので、どちらとも判断がつかないということであれば、そういったものを選んでおくのも一案です。

大阪の注文住宅で費用を抑えるためには、利用する業者選びが重要になってきます。例えば大手の業者は広告費用が料金に加算されるので、全体の費用は地域密着の小さな業者のほうが安いこともあります。